手作りアクセサリーを作りたい! ボクの彫金脳

すべては地球にある。一瞬を掴み、永遠に変える作業。

更新日:

「手作りのアクセサリーを作りたい。」「こんなアクセサリーあったらいいな。」「みんなに身につけてもらいたいな!」

そんなとき突然、アイデアが思い浮かんだりします。

そうかと思えば、

考えても考えてもまったく出てこないこともあります。

 

無いものを産み出す作業って本当に大変なことですよね。

おぼろげでハッキリとしない、空気を掴もうとしているようなものです。

スポンサーリンク

さて突然ですが、この画像なんだと思いますか?

yasuhirosuzuki

出典:ファスナーの船

 

ファスナーが池に浮かんでいる・・・・・!?

 

これは、ある現代アーティストの作品のひとつです。

ファスナーの模型の下にラジコン船が付いていて、水辺を走ることができるんですよ。

これ、れっきとしたラジコン船なんです!

 

船って水辺を航行していくと、船が進んだ航跡が水面に残りますよね。

 

このファスナー船で想像してみてください。

航跡がまるでファスナーが開いていくように見えるんですね。

 

この作品のアーティストである鈴木康広さんは、

飛行機で東京湾を見下ろしていた時に、船が進んでいた航跡を眺めていてアイデアを得たそうです。

 

彼はアイデアが浮ぶとラフ画を交えてノートに書き下ろしています。

その書き溜めたノートがもう何十冊にもなるそうです。

 

発想は無限である、

しかしその効力はホンのひとときの間だけである。

浮んでは消え、浮んでは消えていく。

 

今この場でとらえたインスピレーションは二度と掴まえることはできないのです。

常にアンテナを張り巡らし、キャッチしたらすぐに忘れないよう保存しておかなければならない。

 

彼は地球規模で考えることで、

地球に存在するものと自分の身近に存在するものを融合させて、

新しい視点の芸術を生み出し続けている。

 

全く新しいものを生み出すのではなく、有る物を自分独自の視点で発信していく。

芸術に限らず、すべての事柄に繋がる発想力である。

 

そしてすべては、地球が教えてくれているのだ。

 

いつどんな時でも、地球に耳を傾けられる意識と行動がとれるように準備しておかなきゃね。

一瞬を掴み、永遠に変える作業を怠ってはならない。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

手作りアクセサリー作ってみたい

1

アクセサリーは一体どういう風に作られているのでしょか? あなたがもしこれから手作りアクセサリーの作り方を知って、 自分のオリジナルアクセサリーを作ってみたい、 そしてゆくゆくは販売もしていきたいと考え ...

2

本格的な手作りアクセサリーを作るには、彫金、銀粘土、ロストワックスの3つの方法で作ることが出来る。 もし、あなたが彼女や彼氏に手作りアクセサリーをプレゼントしたいと考えているならば、一体、3つのうちど ...

3

スタッドピアスには必ずストレートのピンが付いています。 ピアスピンと言ったり、ピアス棒、ピアスポストとも呼ばれるこのピンはどうやってピアスデザインとくっついているのか知っていますか? 通常、デザイン部 ...

4

手作りアクセサリーを作るといっても、プロはその作ったものを販売するという視点から作り方を考えていきます。 趣味で作る場合との大きな違いが、この考え方だと言っても過言ではありません。 今回はそんな商売と ...

5

アクセサリーを作るには、地金から作り出す彫金技法やワックスから作り出すロストワックス法があります。 あなたがもし、彫金やロストワックスをはじめたいと考えているのであれば、アクセサリーを作るために必要な ...

-手作りアクセサリーを作りたい!, ボクの彫金脳

Copyright© ピアスマップ , 2017 All Rights Reserved.