ボクの彫金脳

錦織圭が強くなった理由を彫金脳でフィルタリング

更新日:

テニスの錦織圭くん、

彼がなぜにあんなにも強くなれたのか分かりますか?

その強さの秘密を、今回は私の彫金脳のフィルターを通して考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

強さの秘密1: 出会い

マイケル・チャンがコーチになったことは、

彼を大きく成長させた最大の原因であると思う。

 

他にいくらでも有名なコーチはいると思うが、

なぜ錦織くんがさらなる上を目指すために、チャンをコーチに迎え入れたのか。

それは、同じタイプの実績ある元プレーヤーだったということが大きな原因ではないかと思う。

 

チャンと錦織くんの共通点は体格にある。

チャンは17歳で全仏オープンを優勝した実績ある選手。

 

プレーヤーとしてはそれほど大きくもないチャンは、

自分より大きな体格・パワーのある選手に勝つための知識を実際に戦って体得している。

 

そんなチャンが持っている知識や経験を素直に認め、

自分に取り入れることができたからこそ今の錦織くんになったのだろう。

 

13年12月にチャンがコーチに就いてから、メキメキと結果を残し、

2年足らずで世界ランキング4位となった。

 

自分を知り、

自分と合う師匠を見つけ、

努力することで、

その人はさらなる高みに昇れることを教えてくれている。

 

あなたが彫金で何をしたいのか、何を目指していきたいのかを考え、

あなたが共感できる師や目指すべき方向にいる先駆者を見つけたら、

その人の下でとことんまで学ぶことが大事。

あなたがさらなる向上を目指しているならば、常にアンテナを張って、あなたが求める師を探すべきだろう。

 

強さの秘密2: メンタル改革

意識って大事なんだと改めて思うエピソードがある。

 

2011年バーゼル大会決勝直前、

『フェデラーと決勝で対戦するのはワクワクする。彼は偉大な選手で、昔から憧れだった。』

そう発言した錦織はフェデラーに完敗した。

 

その後に錦織と対談したチャンはこう指摘したという。

『君は戦えるだけで満足していた。あのコメントは過ちだった』

 

チャンの指摘を私なりに解釈すると、

戦えるだけで満足して勝つ気がなかったのだ。

どんな相手だろうが勝つために戦うという姿勢で挑まなければ、

戦わずして意識はもう負けに傾いている。

やる前からもう負ける言い訳を考えているようなメンタルではさらなる飛躍は難しい。

 

そして、2014年の全米オープンで、

「勝てない相手ももういないと思う」

記者会見での錦織くんの発言は、意識が変化していた象徴的な言葉である。

 

”勝てるかわからないけどとにかくやってみる” のと

”勝つためにやっている”

では全然違います。

 

このマインドがあるかないかでその人の行動はもとより、結果も大きく変わってくる。

 

さらには他の人へ影響を及ぼし、

その人を取り巻くすべてが変わり、

さらにそれが自分にもまた跳ね返り、

相乗効果を生み革命を起こしていく。

 

「私の作ったアクセサリーが売れるか分からない、

彫金で飯が食えるか分からないけど、

私はアクセサリーを作ってみる。」

 

「私が作るアクセサリーを身に付けて幸せになれる人々を増やしていきたいから、

私はアクセサリーを作る。」

 

どちらの作ったアクセサリーを買いたいと思いますか?

 

強さの秘密3: 自他を知り、戦略を立て、行動する

錦織くんは今自分に何が足りないのか、何をするべきなのか、

チャンに出会うことで自分を知ることができた。

と同時に足りない物も見えてきた。

そして、戦略を立てた。

 

世界大会で優勝すること!

相手を知る。
(今の自分が戦っていくトッププレーヤーたちの特徴を知る)

対等に戦えるために何をするべきか?
(体の大きな相手に勝つための戦術をチャンに指導してもらう、勝つための意識改革・メンタル強化)

とにかく練習する!

 

自分を見つめ、相手を見つめ、そこから戦略を立てることで、

何をすればいいのか、戦術みたいなものが見えてくる。

あとは、ひたすらトライ&エラーしていくだけである。

 

今自分に必要な技術や知識を学んだら、

すぐに実行に移して、

そして壁にぶつかって、

悩んで考えて、新しい発見をする。

そして、また学んでは実践して試行錯誤して、また新たな発見をしていく。

その繰り返しをしていると、

やがてたくさんの発見の積み重ねから、

その人独自の技術や知識が生まれてくる。

 

まとめ

錦織くんが強くなった3つの事をまとめてみると、

大切な出会いと、自分の想い、どのような行動を取るべきかが重要なんだなってことが分かってくる。

 

スポーツの世界でも、もちろん彫金の世界でも、

その道を極めていきたいという視点を常に意識しながら、

違う世界を覗いてみると(フィルタリング)、

すべてに共通する真理が見え隠れしていることに気付く。

 

その心理が見えた瞬間はとても興奮する。

 

あなたも、自分の得意なことなど1つはあると思います。

いろいろな事象を得意なことに置き換えて考えてみると、

今まで見えなかったものが見えるかもしれない。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

手作りアクセサリー作ってみたい

1

アクセサリーは一体どういう風に作られているのでしょか? あなたがもしこれから手作りアクセサリーの作り方を知って、 自分のオリジナルアクセサリーを作ってみたい、 そしてゆくゆくは販売もしていきたいと考え ...

2

本格的な手作りアクセサリーを作るには、彫金、銀粘土、ロストワックスの3つの方法で作ることが出来る。 もし、あなたが彼女や彼氏に手作りアクセサリーをプレゼントしたいと考えているならば、一体、3つのうちど ...

3

スタッドピアスには必ずストレートのピンが付いています。 ピアスピンと言ったり、ピアス棒、ピアスポストとも呼ばれるこのピンはどうやってピアスデザインとくっついているのか知っていますか? 通常、デザイン部 ...

4

手作りアクセサリーを作るといっても、プロはその作ったものを販売するという視点から作り方を考えていきます。 趣味で作る場合との大きな違いが、この考え方だと言っても過言ではありません。 今回はそんな商売と ...

5

アクセサリーを作るには、地金から作り出す彫金技法やワックスから作り出すロストワックス法があります。 あなたがもし、彫金やロストワックスをはじめたいと考えているのであれば、アクセサリーを作るために必要な ...

-ボクの彫金脳

Copyright© ピアスマップ , 2017 All Rights Reserved.