ピアスをつけたい! ファーストピアス

どのピアッサーがおすすめなのかまとめてみた。

更新日:

耳たぶにピアッシングする(ピアスを開ける)ために使うピアッサーについての口コミや相談などを見てみると、

チタンや医療用ステンレスなどの金属製タイプや樹脂タイプの透明ピアスなど、

ピアッサーと言っても仕込まれているファーストピアスにはいろいろな種類のものがあり、どの素材のものが安全でおすすめできるものなのか誰もが迷ってしまうようです。

他にも、一体どのメーカーのピアッサーがおすすめなのか、どのタイプが一番痛くないのかなど不安要素も人それぞれ。

はっきり言ってすべての疑問を解決できるような万能なピアッサーはありません。

ではどうすれば良いのでしょう。

そもそもピアッシングをする上で重要なポイントとは何か?
そこを押さえたピアッサーを選ぶと良いと思います。

その重要なポイントとはズバリ!

ピアスホールを完成させる重要な期間を問題なく過ごせるピアスかどうかです。

スポンサーリンク

ピアッサー選びの重要ポイント

要するにピアッサーに付いているファーストピアスが、いかにトラブルの招きにくいものであるかにかかってきます。

色々な種類のピアッサーが販売されていると思いますが、そのポイントとなるのが、組み込まれているファーストピアスです。

そのファーストピアスがどんなものであるかが重要なポイントとなります。

それでは、重要なポイントとは一体どんなことなのでしょうか?

まずは、金属アレルギーが出にくい素材を選ぶ

ピアッサーに組み込まれているファーストピアスの素材として金属アレルギーが出にくいとされるものは、

  • 純チタン
  • チタン合金
  • 医療用サージカルステンレス
  • 樹脂

となります。

ではこのどれを選べば良いのだろうか?

答えから先に言ってしまえば、
それは、 純チタン のものです。

医療器具として体内に埋め込めるほど、最も人体にやさしいと言われている素材なんですね。

金属アレルギーの素材についてもっと深く知識を深めたいなら、こちらの記事を読んでいただければ分かると思います。

metal-allergy
金属アレルギーが起きにくいファーストピアスとは?

金属アレルギーは誰もがなってしまう可能性を秘めています。 そして一度発症してしまうと、残念ですが一生アレルギーと付き合って生きていくしかありません。 特にピアスは金属が直接皮膚組織に接触するので、ピア ...

続きを見る

ファーストピアスの形状も重要

素材は純チタンのものを選べば良いということが分かりました。

次に、重要視するのがファーストピアスの形状です。
長さや太さ、デザインと色々あります。
どの形状のものを使用するのかで、トラブルになる可能性も変わってくるのです。

純チタンピアス
ファーストピアスの種類を選ぶときの4つのポイント

手軽にピアッシングできるアイテムとして有名なのがピアッサーです。 ピアッサーで開ける場合は、そのピアッサーに仕込まれているものが、ファーストピアスと言うことになります。 そのファーストピアスにも様々な ...

続きを見る

ピアッサー選びまとめ

さて以上の条件をまとめると、現在、市販として販売されているピアッサーのものでおすすめできる条件として、

  • 素材が、すべて純チタン製のピアス
  • 太さが、16G(1.2mm)
  • 長さが、8mm以上
  • デザインは、ボールタイプ

このすべてを満たした理想のピアッサーがこちらです。

3ミリ ボールタイプは医師が開発した、トラブルの起きにくいピアッサー(ピアス開孔器)です。
日本人の耳たぶの厚さにあわせて開発された、ピアスの有効軸長8mmのロングタイプ。
純チタン製なので、金属アレルギーをお持ちの方にもご使用いただけます。
滅菌済み使い捨てタイプ。
片耳用ですので、両耳に開けたいなら2つ必要になります。

セイフティーピアッサーの使い方


この映像では、透明ピアスを使っていますが、私はおすすめはしていません。

理由はこちらの記事に書いていますので一読してください。

透明ピアス
ファーストピアスに透明ピアスがタブーな訳

ファーストピアスに透明ピアスを使ったトラブルをよく耳にします。 なぜ、トラブルが起きてしまうのでしょうか? 今回は、なぜ透明ピアスをファーストピアスとして使ってはいけないのか、その理由をお話したいと思 ...

続きを見る

最後に

今回ご紹介したものは、誰にでも合うような万能なピアッサーではありません。

あくまでも今現在売られているピアッサーを比較した中で、条件的にみて一番トラブルを起こす可能性が低いとされるものを選んだに過ぎません。

本来ピアッシングは医療行為となりますので、ご自分で開ける場合は自己責任となります。

自分で開けるのが不安な場合は、美容外科や皮膚科などの専門医院で開ける事をおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

手作りアクセサリー作ってみたい

1

アクセサリーは一体どういう風に作られているのでしょか? あなたがもしこれから手作りアクセサリーの作り方を知って、 自分のオリジナルアクセサリーを作ってみたい、 そしてゆくゆくは販売もしていきたいと考え ...

2

本格的な手作りアクセサリーを作るには、彫金、銀粘土、ロストワックスの3つの方法で作ることが出来る。 もし、あなたが彼女や彼氏に手作りアクセサリーをプレゼントしたいと考えているならば、一体、3つのうちど ...

3

スタッドピアスには必ずストレートのピンが付いています。 ピアスピンと言ったり、ピアス棒、ピアスポストとも呼ばれるこのピンはどうやってピアスデザインとくっついているのか知っていますか? 通常、デザイン部 ...

4

手作りアクセサリーを作るといっても、プロはその作ったものを販売するという視点から作り方を考えていきます。 趣味で作る場合との大きな違いが、この考え方だと言っても過言ではありません。 今回はそんな商売と ...

5

アクセサリーを作るには、地金から作り出す彫金技法やワックスから作り出すロストワックス法があります。 あなたがもし、彫金やロストワックスをはじめたいと考えているのであれば、アクセサリーを作るために必要な ...

-ピアスをつけたい!, ファーストピアス
-, , ,

Copyright© ピアスマップ , 2017 All Rights Reserved.