手作りアクセサリーを売りたい! ブログ運営(WordPress)

記事に見出しを付けると目次が自動表示するプラグインTOC+

更新日:

wp-takara

Table of Contents Plusが現れた!

記事の冒頭数行の導入部分にはターゲティングした読者がこの後を読みたくなるような文章を書き、そしてその後に中見出しがジャーンと来て本題に入っていくのだ。

この冒頭のいわゆる掴みの文章とその後の見出しの間に目次を入れることで、読み手にこの記事の流れっていうものを伝えることができて親切なんだよね。

しかしこの目次をわざわざ1記事ずつ手書きで書いていくのは面倒である。
そこでその記事の中見出しを目次として自動表示してくれる便利なプラグインを手に入れることにしたのだ。

スポンサーリンク

Table of Contents Plusのプラグインデータ

プラグインの特徴

wp-takara
Table of Contents Plus
  1. 記事の見出しタグで目次を自動作成して表示してくれる。
  2. H3、H4、H5などを階層に分けて表示してくれる。

Table of Contents Plusを手に入れる

プラグイン「Table of Contents Plus」のインストール&有効化

まずはこのプラグインをインストール&有効化しておこう。

プラグインを2つのどちらかの方法でインストール&有効化しよう

1.WordPress管理画面の左メニューの「プラグイン」 > 新規追加 > プラグインの検索窓から「Table of Contents Plus」と入力して検索⇒インストール&有効化

2.Table of Contents Plus配布サイトからPCへダウンロード⇒WordPressへインストール&有効化

【WordPress初級】プラグインをインストールする2つの方法

WordPressがはじめてっていうあなたは、聞き慣れない言葉がどんどんと出てくるたびに頭がパンクしちゃいそうだよね。 一つの作業をこなすだけでも時間がいくらあっても足りないのに、言葉も意味も分けが分 ...

続きを見る

Table of Contents Plusを設定する

WordPress管理画面

設定 ⇒ TOC+をクリックしてTable of Contents Plusのページへ

基本設定

post-4431a

表示する場所 そのままでOK
表示条件 ボク的には中見出しが3つあれば目次として成り立つので3つに設定している。
次の投稿タイプのときに表示 post(投稿ページ)、page(固定ページ)、wpcf7_contact_form(コンタクトフォーム)とそれぞれにチェックを入れると、目次が自動表示されます。
※デフォルト時はpageのみしかチェックが入っていないので、そのままだと記事に目次が表示されない!ってことになる。
ボクの場合はpostにチェックを入れ、pageはチェックをはずしています。
見出しテキスト 目次のタイトルテキスト名と表示非表示切り替えボタンのテキストを変更している。
ボクは初期状態非表示にチェックを入れている。
階層表示 階層があるとないとでは、こんな感じになる。
post-4431b
番号振り 見出しの前に番号を付けるか付けないかを選択できる
スムーススクロール チェックを入れると、アンカーリンクにジャンプではなくスクロールする

デザイン

post-4431c

横幅 そのままでOK
回り込み そのままでOK
文字サイズ そのままでOK
デザイン お好みのを選択しましょう

上級者向け

post-4431d

見出しレベル 見出しを使い過ぎた記事など見出しだらけで目次がゴチャゴチャしてしまい、かえって記事の邪魔になっているなんてときに最小限の見出しだけのスッキリした目次に調節することができるのだ。
チェックを入れた見出しだけが表示される。

上級者向け設定は基本デフォルトのままでOKですが、「見出しレベル」は好みに応じて変更してもありかと。
すべての設定が終わったら、「更新」ボタンをクリックする。

小技

目次を入れたくないページがある場合

設定で、post(投稿ページ)、page(固定ページ)、wpcf7_contact_formにチェックが入っている場合、自動で目次が表示されてしまう。

しかし、記事によっては、内容のボリュームがあまりなく見出しが一つ二つしかないなど、そもそも目次を入れる必要のないページが出てくることがある。

そんなときには、このショートコードを目次を表示させたくないページに入れてみてくれ。
※[ ]とno_tocの間にスペースが入っているので、コピーする場合はスペースを抜いて使ってください。


[ no_toc ]

 

目次を好きな記事にだけ入れたい場合

①基本設定の「次の投稿タイプのときに表示」のチェックを全て外す

post-4431e
これで目次がすべてのページに表示されないようになった。

②目次を入れたいページだけ、[ toc ]を入れる

post-4431f
h1の見出しタグは記事タイトルなどに使用するので、記事の見出しにはh2の中見出しタグから使うのが一般的。
記事のボリュームにもよるが使用するhタグの中見出しは、h2、h3、h4あたりまでだ。

一番最初にくるh2見出しタグのすぐ上に[ toc ]を指定しよう。
※[ ]とno_tocの間にスペースが入っているので、コピーする場合はスペースを抜いて使ってください。


[ toc ]

 

記事に目次をつけると読む人にとって、こんなに有難いことはない。
 
だって目次を見ればこの記事の内容がある程度分かるから、読む価値ある記事かどうかの判断がつくからね。
 
ということは、中見出しに読み手を惹きつけるタイトルをつけるってのも大事になってくるよね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

手作りアクセサリー作ってみたい

1

アクセサリーは一体どういう風に作られているのでしょか? あなたがもしこれから手作りアクセサリーの作り方を知って、 自分のオリジナルアクセサリーを作ってみたい、 そしてゆくゆくは販売もしていきたいと考え ...

2

本格的な手作りアクセサリーを作るには、彫金、銀粘土、ロストワックスの3つの方法で作ることが出来る。 もし、あなたが彼女や彼氏に手作りアクセサリーをプレゼントしたいと考えているならば、一体、3つのうちど ...

3

スタッドピアスには必ずストレートのピンが付いています。 ピアスピンと言ったり、ピアス棒、ピアスポストとも呼ばれるこのピンはどうやってピアスデザインとくっついているのか知っていますか? 通常、デザイン部 ...

4

手作りアクセサリーを作るといっても、プロはその作ったものを販売するという視点から作り方を考えていきます。 趣味で作る場合との大きな違いが、この考え方だと言っても過言ではありません。 今回はそんな商売と ...

5

アクセサリーを作るには、地金から作り出す彫金技法やワックスから作り出すロストワックス法があります。 あなたがもし、彫金やロストワックスをはじめたいと考えているのであれば、アクセサリーを作るために必要な ...

-手作りアクセサリーを売りたい!, ブログ運営(WordPress)
-, , ,

Copyright© ピアスマップ , 2017 All Rights Reserved.