ピアスをつけたい! ファーストピアス セカンドピアス

理想のピアスを求めて1~理想のピアスは作れる?

投稿日:

この旅を通して、ピアスの知識を学び、
贈るあなたと貰う相手をつなげるお手伝いができたらと思って言います。

それでは早速、あなたに質問ですが、

ピアスのデザインや金属素材、アレルギーについての不安要素を
すべて解消してくれるそんな万能的なピアスがあると思いますか?

彫金師の視点から、
今回はそんな理想のピアスが実際に作れるかどうか検討してみました。

スポンサーリンク

どの金属にも対応できる金属アレルギーフリー加工とは?

金属アレルギーが起きにくいファーストピアスとは?

「金属アレルギーが起きにくいファーストピアスとは?」の記事にも触れた通り、
純チタンピアスが一般に販売されているピアスの金属の中では
一番アレルギーが起こりにくい素材となります。
 

” じゃあセカンドピアスも純チタンもので良いのでは?”
と訊ねてみると、
 

”ピアスホールが定着したら、もっと良いのを付けたい”だって。
 

仕事がら、ピアスについていろいろな声を聞いてみると、

「アレルギーが心配だけど、チタン以外のものを身に付けたい」
「チタン物ってかっこいい・かわいいデザインのものが少ない気がする」
「ゴールドやプラチナ、シルバーの輝き・色合いが欲しい」
「チタンは贈り物としての価値が感じられない」
「チタンって響きが安っぽく聞こえる」
「しっかりピアスホールを作ったからアレルギーなんか気にしない」

などなど、ファッションの視点から考えるとチタンアクセサリーはいまひとつのようです。
 

逆に皆さんが求めているものを考えてみたら、こんな答えが見えてきました。
 

” どんな金属素材にも対応できる金属アレルギーを起こさない加工法 ”
 

そんな加工方法が見つかれば皆さんの要望に答えられそうですね。

特に、シルバーやゴールド・プラチナはアレルギーが起こりにくい素材なので、
その表面にコーティングを施してあげることで、
さらにアレルギーの可能性を抑えたピアスが作れそうです。
 

でも実はもう存在はしています。

アクセサリーに詳しい、アレルギーが気になるあなたなら、ピンと来たでしょう。

ご存知の” メッキ処理 ”がそれに当たるのですが・・・
 

しかし、
メッキは剥がれやすく、うまく使ったとしてもせいぜい1年ぐらいが限度ですので、
またメッキし直す手間がかかります。
さらに安価なものには、たまにニッケルメッキなど
アレルギーを引き起こす原因のものが含まれているものもあります。
 

そこでボクは、
メッキよりも強度があり、
すべての金属に対応する
アレルギーフリーな表面加工ができる
そんな方法が他にないものか探してみました。

そしてついに辿り着いたのが
セラミックコーティング」です。
 

イタリアで開発された専用機械を使い、貴金属製品に特殊な電圧を加え、
金属とセラミックの化学反応を引き起こしてコーティングすると言うものです。

やり方はメッキ処理に似ていますが、表面を覆うものはセラミック素材なのです。
 

このセラミックコーティングの最大の特徴は、アレルギーフリー強度です。

いままで使えなかったアレルギー反応が起こる金属でも、
皮膚が触れる接地面をセラミックコーティングすることにより、
どんな金属でもアレルギーフリー状態にすることができます。
メッキ処理よりも強度があるため、
うまく使ってあげれば剥がれてくるという心配が要らなくなる。
表面をコーティングするので金属の変色が起こらず、
お手入れがほとんどいらないのです。

 

しかし、このセラミックコーティングにもちょっとした問題はあります。

メッキより剥がれにくいとはいえ、100%剥がれないわけではありません。
やはり使用頻度や使用方法によっては、コーティングが剥がれてしまいます。
コーティングする工程で100℃近くまで温めるため、
熱に弱い宝石が付いたデザインのものには使用できない。
チェーンのように動く可動パーツは可動部分が固まってしまうため、
デザインによっては使用ができません。

 

まあ、やはりすべてを満たすような完璧なものはなかな存在しないのが世の常ですな。

まあ多少デザインに条件は付くにしろ、
これでどんな金属でも表面にセラミックコーティングすることができるようになり、
 
強度のある、
金属アレルギーの人でも安心して使用してもらえる
ピアスを作ることができるようになります。
 
これ巷では出回っていない方法ですが、なかなか使える手段の1つだと思いますね。
 
さて次回は、
ピアスのデザインについて考えてみたいと思います。
 
男性が気に入ってくれるデザインとは何なのでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

手作りアクセサリー作ってみたい

1

アクセサリーは一体どういう風に作られているのでしょか? あなたがもしこれから手作りアクセサリーの作り方を知って、 自分のオリジナルアクセサリーを作ってみたい、 そしてゆくゆくは販売もしていきたいと考え ...

2

本格的な手作りアクセサリーを作るには、彫金、銀粘土、ロストワックスの3つの方法で作ることが出来る。 もし、あなたが彼女や彼氏に手作りアクセサリーをプレゼントしたいと考えているならば、一体、3つのうちど ...

3

スタッドピアスには必ずストレートのピンが付いています。 ピアスピンと言ったり、ピアス棒、ピアスポストとも呼ばれるこのピンはどうやってピアスデザインとくっついているのか知っていますか? 通常、デザイン部 ...

4

手作りアクセサリーを作るといっても、プロはその作ったものを販売するという視点から作り方を考えていきます。 趣味で作る場合との大きな違いが、この考え方だと言っても過言ではありません。 今回はそんな商売と ...

5

アクセサリーを作るには、地金から作り出す彫金技法やワックスから作り出すロストワックス法があります。 あなたがもし、彫金やロストワックスをはじめたいと考えているのであれば、アクセサリーを作るために必要な ...

-ピアスをつけたい!, ファーストピアス, セカンドピアス
-, , ,

Copyright© ピアスマップ , 2017 All Rights Reserved.