手作りアクセサリーを売りたい! ブログ運営(WordPress)

レンタルサーバーを比較したがやっぱりこれだった。

投稿日:

独自ドメインを取得できたら、いよいよ次はレンタルサーバーを借ります。

独自ドメインがまだってあなたは、まずは、こちらから読んでほしい。

なぜ独自ドメインのブログなのか?おすすめできるサービスは失敗から学んだよ。

このブログのドメインも、独自ドメインを使って運営しているんだが、どうして独自ドメインを使うのか、あなたは知っていますか? もし、これからブログを書いてみようとか、もう無料のブログで書いちゃってるよって ...

続きを見る

スポンサーリンク

レンタルサーバーとは?

独自ドメインを取得して、一戸建てを建てることが出来る権利を持ちました。

しかし、これだけ持っていても何も使えません。

家であるブログやホームページを建てるためには、土地が必要なのです。

それが、サーバーと呼ばれるものなのです。

独自ドメインとサーバーが結び付いてはじめて、ブログやホームページの家を建てることができます。

自分でサーバーを持って管理していくこともできますが、コストや手間を考えると、
不動産会社であるホスティングサービスからサーバー(土地)をレンタルするのが一般的です。

このサーバーを、レンタルサーバーと呼びます。

レンタルサーバーには、
土地を一人で利用できる専用サーバーと、
区画された土地を複数の借主さんたちと利用する共用サーバーがあります。

はじめは共用サーバーで十分です。

あなたのブログやホームページが、1日何万人という人が見てくれるようなビックサイトに成長した時に専用サーバーの検討を考えればいいでしょう。

有名なレンタルサーバーを比較してみる

レンタルサーバーを比較しようと検索しても、多くの提供会社が在り過ぎて始めての方はわけがわからないだろう。

まずは、何を基準にして決めていくかですよね。

それは、あなたの今の状況や今後の予定プランを考えることで絞れてくる。

例えば、はじめは個人として始めて、近い将来に起業や事業に発展させていきたいと考えていると仮定しよう。

すると、個人でネットビジネスをしている多くの方が利用しているサービスが浮かび上がる。

それがこちらだ。

エックスサーバー (X10プラン)
ロリポップ! (ロリポプラン)
さくらのレンタルサーバ (スタンダードプラン)

どれもユーザー数が裏付けする信頼性のあるおすすめのレンタルサーバーです。

レンタルサーバーを選ぶ今回のテーマ

今回のテーマは、

「個人からスムーズに起業するための土台固め」
「Wordpressを使った複数のブログ・サイトを運営」

そのための最適なレンタルサーバー探しです。

探す中で決め手となるポイントがいくつかあります。

電話サポートはモチベーション維持に意外と重要

問題は突然襲ってきます。
もしもあなたが初心者だったらとしたら、その問題の解決方法の調べ方すら解らない状態に陥りることでしょう。
作業が滞ってしまうと、せっかくのヤル気モードも一気に消え失せてしまいます。

そんな時はその会社のサポートサービスを使うのですが、

メールサポートでは、その問題のニュアンスを文字に上手く伝えることが難しかったり、
やはり返答までにタイムロスがあるのが厄介です。

だから、電話ですぐに対応してくれるサポートサービスがあるところはホントに助かります。

WordPress(ワードプレス)でサイト運営できるかどうか

ワードプレスとは、パソコン画面から記事が書き込めて、デザインやプログラムも簡単に組み込める無料のブログシステムです。
このようなシステムをCMS(Contents Management System)と呼びます。

WordPressはそのカスタマイズ性の高さから、世界でも利用者が多い人気のあるCMSなのです。

このWordPessなどのCMSを使うためには、MySQLというデータベースが必要なのです。

まずは、そのMySQLが使えるレンタルサーバーかどうかが重要です。

複数のCMSサイトを運営できるかどうか

1.マルチドメインが使えるかは当たり前

マルチドメインとは、1つのサーバーで複数のドメインを使用できるかどうかです。

それよりも、今回重要視するのがこちらの、

2.CMSが複数使えるかどうか

マルチドメインが使えて複数のドメインを使えるとしても、データベース(MySQL)が一個しかないサーバーでは、CMSを利用したサイトは1つしか作れません。

データベースの使用容量は十分あるか

WordPressで作ったCMSブログを1つだけ運営するというのなら考える必要はないが、複数のCMSブログを運営していくのであれば、使用容量を気にしなければいけない。

しかも、WordPressを長く利用してくると、データベースの容量はどんどんと大きくなっていきます。

長い目で考えると、容量はあるに越したことはなさそうです。

転送量は十分あるか

転送量とはレンタルサーバーに置いたデータが、サーバーからどれだけ呼び出されたかという数値。

公開当初は気にすることはないが、あなたのサイトが有名になってくると、アクセスが多くなればなるだけ転送量がかかってくる。

転送量がかかればネットワークやサーバに負担がかかる。
それを防ぐ為、レンタルサーバー側で制限を設けています。

転送量は「自分のサイトの重さ×1日のアクセス数」で割り出せます。

今回のポイントのまとめ

 ロリポップ
(チカッパプラン)
さくらインターネット
(スタンダードプラン)
Xserver
(X10)
電話サポート×
MySQL30個20個50個
データベース
使用容量
ディスク容量の範囲内
(120GB)
500MB
(1個の目安値ではないとのこと)
1個につき
500MB
転送量10GB/日80GB/日70GB/日
ディスク容量120GB100GB200GB
月額(税込)540円515円1080円

今回のテーマである、
「個人からスムーズに起業するための土台固め」と、
「Wordpressを使った複数のブログ・サイトを運営」を考えると、

1年後のあなたのスキルの上昇度合いや自身のWEBサイトのアクセス数の大きさを見込んで
それでも十分に満足できる機能性や拡張性を持ったレンタルサーバーであることが必須である。

そう考えて見てみると、エックスサーバーが1つ頭が抜けたレンタルサーバーなのかな。

エックスサーバーで独自ドメインが使えるまでの流れ

Xサーバーの借り方から管理方法、取得した独自ドメインをXサーバーで使えるように設定する方法を解説しています。

こちらにXサーバーのリンクも貼っておきますので、

動画を見ながら並行して進めていくと良いでしょう。

エックスサーバーを借りよう。

Xサーバーとの契約の流れを動画で解説しています。


 

エックスサーバーの情報を保存しておこう。

Xサーバーの登録した情報を管理ソフト「IDマネージャー」に保存する方法を動画で解説しています。


 

独自ドメインと結び付けよう。

最後にムームードメインで取得した独自ドメインとXサーバーそれぞれに設定をおこないます。

これで家となるブログやホームページを建てる準備が整いました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

手作りアクセサリー作ってみたい

1

アクセサリーは一体どういう風に作られているのでしょか? あなたがもしこれから手作りアクセサリーの作り方を知って、 自分のオリジナルアクセサリーを作ってみたい、 そしてゆくゆくは販売もしていきたいと考え ...

2

本格的な手作りアクセサリーを作るには、彫金、銀粘土、ロストワックスの3つの方法で作ることが出来る。 もし、あなたが彼女や彼氏に手作りアクセサリーをプレゼントしたいと考えているならば、一体、3つのうちど ...

3

スタッドピアスには必ずストレートのピンが付いています。 ピアスピンと言ったり、ピアス棒、ピアスポストとも呼ばれるこのピンはどうやってピアスデザインとくっついているのか知っていますか? 通常、デザイン部 ...

4

手作りアクセサリーを作るといっても、プロはその作ったものを販売するという視点から作り方を考えていきます。 趣味で作る場合との大きな違いが、この考え方だと言っても過言ではありません。 今回はそんな商売と ...

5

アクセサリーを作るには、地金から作り出す彫金技法やワックスから作り出すロストワックス法があります。 あなたがもし、彫金やロストワックスをはじめたいと考えているのであれば、アクセサリーを作るために必要な ...

-手作りアクセサリーを売りたい!, ブログ運営(WordPress)
-, , , ,

Copyright© ピアスマップ , 2017 All Rights Reserved.