地味に便利!エディタのスクロール位置を固定して記事作成効率UP

更新日:

wp-takara

便利なプラグインを見つけた!

通常WordPressは、記事の書き途中で下書き保存や公開すると、スクロールバーが記事の冒頭部分まで戻ってしまうんです。
だから、下書き保存するたびに今書いていた場所まで戻らないといけません。
これって探す手間がかかって、すごく作業効率が悪いですよね。
この設定、ちょっと邪魔ですよね!?
スポンサーリンク

Preserve Editor Scroll Positionのプラグインデータ

wp-takara
Preserve Editor Scroll Position
  • 下書き保存や公開しても、スクロールバーが文頭に戻らず、書いている位置に固定したままになります。

プラグイン「Preserve Editor Scroll Position」のインストール&有効化

まずはこのプラグインをインストール&有効化しておこう。

プラグインを2つのどちらかの方法でインストール&有効化しよう

1.WordPress管理画面の左メニューの「プラグイン」 > 新規追加 > プラグインの検索窓から「Simple Custom CSS」と入力して検索⇒インストール&有効化

2.Preserve Editor Scroll Position配布サイトからPCへダウンロード⇒WordPressへインストール&有効化

【WordPress初級】プラグインをインストールする2つの方法

WordPressがはじめてっていうあなたは、聞き慣れない言葉がどんどんと出てくるたびに頭がパンクしちゃいそうだよね。 一つの作業をこなすだけでも時間がいくらあっても足りないのに、言葉も意味も分けが分 ...

続きを見る

Preserve Editor Scroll Positionの設定は基本いらない

有効化さえすれば、自動的に設定が反映されています。

もし、いくら文章を書いてもスクロールバーが出ないって場合は、

post-4388a
投稿ページの一番右上の帯部分に「表示オプション」メニューがあるので、そこをクリック。
プルダウンメニューの中の、【追加の設定】で「最大行表示エディターと集中執筆モード機能を有効化します。」のチェックを外します。

毎度毎度下書き保存するたびに、文頭にスクロールバーが戻されちゃうと、書き足す位置をまた見つけるのに余計な時間を使っちゃう。
これって、無駄な時間だよね。
 
このプラグインは地味な役割だけど、これが結構、記事作成効率に一役かっているんですよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

-ピアスを売りたい!, ブログ運営(WordPress)
-, ,

Copyright© ピアスマップ , 2018 All Rights Reserved.