ダイヤモンド

ダイヤモンドの価値を決める4つのC

更新日:

あなたが買ってもらった、または買おうとしている婚約指輪についているダイヤモンド、一体どのくらいの価値があるのか知っていますか?

ちょっと気になりますよね。

ダイヤには価値基準ってものがあるんですね。

「4C」って聞いたことありませんか。

ダイヤモンドを4つの判定要素(4C)に分けて評価して、ダイヤにランク付けしているんです。

このダイヤモンドの価値を決める4つのCの意味を知ることで、
あなたが持っている・買おうとしているダイヤモンド付きのアクセサリーが、本当にその価値相当の見合った価格のものなのかがある程度わかっちゃいます。

これからダイヤモンド付きアクセサリーを買おうと迷っていたあなたには是非聞いてもらいたい知識です。

ジュエリーショップの店員さんに薦められるがままに買うのではなく、あなたがちゃんとそのダイヤ入りのアクセサリーの価値を納得した上で買ってもらいたいと思います。

この記事を読んで予備知識をつけて、気持ちの良いお買い物ができるようになりましょう。

スポンサーリンク

ダイヤモンドの価値を決める4つのC

先ほど少し話に出てきた4C

ダイヤモンドのグレード(価値)を決めるためには、4つの判定要素(C)からそのダイヤを判断して各要素毎のランク付けをしていきます。そして、その総合評価がダイヤモンドの価値となり値段にも反映してくるのです。

この4つの判定要素というのが、

  • カラット(Cart)
  • カラー(Color)
  • クラリティ(Clarity)
  • カット(Cut)

と呼ばれるもので、この英語表記の頭文字の” C ”をとって、「4C」と呼んでいます。

それでは1つずつ詳しく説明していきます。

カラット(Cart)

「この大粒で輝きのある○○カラットのダイヤモンドリングが・・・」なんて、よく通販チャンネルなんかで耳にするフレーズなので聞き馴染みがあるかと思います。

このカラット、多くの方が大きさだと勘違いしている方がいますが、じつは大きさを表す単位ではなく「重さ」を表す単位なんですね。

1カラット=0.2gと決っています。

そして、このカラットが大きければ大きいほど、価値が上がります。

カラットを直径で比較した表がこちらです。

1ct0.5ct0.4ct0.3ct0.2ct0.16ct0.1ct0.05ct
6.5mm5.17mm4.8mm4.36mm3.8mm3.5mm3mm2.4mm

4Cの中で一番グレードの違いが目に見えて分かるのがカラットです。
世間一般的な見方では、やはりダイヤは大きい(重い)ものほど高いと思われています。

婚約指輪なら、”ダイヤの大きさがあなたの愛の大きさ(重さ)”なんて測られちゃうこともあるぐらいですから・・・

カラー(Color)

呼んで察する通り、色合いによる評価です。
色は明るい黄色から無色透明までを何段階にも分けて評価しています。

無色透明に近ければ近いほど評価が上がり、黄色が強くなるほど評価が下がっていきます。

しかし、ある一定の色合いを超えた濃い色となると、ファンシーカラーという色付きのダイヤモンドとして希少価値がつき評価が上がります。

DEF
無色透明
GHIJ
無色透明に近い
KLM
微かな黄色
N・・・RS・・・Z
とても明るい黄色明るい黄色

クラリティ(Clarity)

透明度を表す評価で、キズ・欠け、内包物(インクルージョン)の大きさ・場所・性質などを選定して評価をしていきます。
何もない透明度が高いものほど、評価が上がります。

10倍のルーペで覗いた時の見え方

10倍ルーペで覗いた時の見え方でそれぞれランク分けしていきます。

FL
無傷
IF
僅かな表面の欠点
VVS1VVS2
発見困難な欠点
VS1VS2
発見が多少困難な欠点
SI1SI2
発見が容易、肉眼では困難
I1I2I3
肉眼で容易に発見できる

カット(Cut)

上の3つの要素はダイヤモンドが元々持っている本来の価値で評価していきますが、この最後の「カット」は人の手が加わることによって評価が左右する要素です。

評価基準は、
プロポーションと呼ばれるカットの総合評価や
ポリッシュと言う研磨した表面の輝き具合、
シンメトリ・対称性の正確さで判断され、
この3つの評価基準からカットのランクが決まります。

この3つの評価がすべて、Excellentのものは、3EX(トリプルエクセレント)と呼ばれ、カットの中での最高ランクとなります。

カットは、以下の5つにランクが分かれています。

EXCELENTVERY GOODGOODFAIRPOOR
素晴らしいとても良い良いまあまあ劣る

美しいカットだけしか現れないH&C(ハート&キューピッド)

ダイヤモンドを専用のスコープで覗くと見ることができる現象です。
ダイヤを上から覗くと、八方に8つの矢が出ているように見え、

8つの矢

ダイヤを下から覗くと、8つのハートが丸く並んでいるように見えます。

8つのハート

鑑定書はダイヤモンドの価値の証明書

ダイヤモンドの価値を判定してくれる機関があって、そこの鑑定士さんに見てもらい、そのダイヤの評価を貰った証明書を「鑑定書」と呼びます。

鑑定書(中)

鑑定書(外)

よくカラットだけを大きく宣伝してそのダイヤモンド入りアクセサリーの価値を評価した売り方をしているショップがありますが、この記事で学んだあなたなら分かりましたよね!
本来はあと3Cの価値がどのランクなのかで、そのダイヤの本当の価値が決まってくるんですからね。
これであなたも、納得のいくダイヤモンドアクセサリーを見つけることができるはずです。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-アクセの豆知識
-, , , , ,

© 2021 ピアスマップ